楽譜
ドラム
 

通うには行動あるのみ

ピアノを弾く

様々な科目とカリキュラムがある音楽の専門学校ですが、通うにはまずは色々行動しなければなりません。

まずは学費です、これは音楽意外の専門学校にも言える事ですが専門学校はお金がかかる物なのです。
そのため音楽の専門学校に行きたいと思った時点で、どのくらいお金が必要になるのかを把握しておきましょう。
もちろん学費は専門学校のその科目によって変わっていきます。
自分で働いてお金を貯めるのか、親からもしくは奨学金を借りるのかなどを計画しなくてはなりません。
お金の工面が大変であるのなら、昼間働いて夜間に学ぶ事もできるのです。
夜間部の方は多少学費が安いという事もあるので、無理はせずに考えて専門学校は選びましょう。

そして学校を決めるには、オープンキャンパスなどに積極的に足を運ぶ事も大切です。
その専門学校の雰囲気や方針などもわからないまま入学を決めてしまうと、もし入学したとしてもその学校に自分が合わないなんて事もあるのです。
そのため気になる音楽系の専門学校は、一度は自分で学校を体感するのが無難なのです。
学校によっては随時開催されているオープンキャンパスや体験入学の他にも、個別の見学などを承っている所もあります。
自分の時間に余裕がもてる時に見学をするというのもいいでしょう。

あとはちゃんと決められた年数通えるかどうか、確信が持てればいいのです。
専門学校や講師はやる気のある方を全力でバックアップをしてくれるのです。

通って学べる事

立てられた楽譜

音楽系の専門学校では、どの様な事が学ぶ事が可能であるのか説明します。

■ギターテクニック
ロックンロールという歴史が長い音楽ジャンルに、欠かせないのがギターという楽器になります。
ギターにも種類があり、アコースティック・ギターとエレキギターとあります。
専門学校では双方のギターを学事もできれば、エレキギター中心に学ぶカリキュラムがある所もあります。
基本的な事をみっちり学ぶ事が可能であり、本当に全くの初心者の方でも頑張って学べば弾けるようになれるのです。
テクニックも基礎から応用まで学べます、様々なステージなどで活躍ができる技術を習得できるのです。

■ベーステクニック
ベースというものは、一つの曲には欠かせない重大な役割をもつメロディーになります。
どの音楽にも対応出来るように幅広くベーステクニックを学事ができます。

■ドラムテクニック
バンドをやる上で、全てのパートを引っ張る役割をもつドラムのテクニックも学べるのです。
ベース同様にどの音楽にも対応出来るように様々なテクニックを学んで立派なドラマーへと成長を目指すのです。

■キーボード
ピアノやエレクトーンといった楽器に対応出来るように基礎から学べます。
学校によってはバンドに通用するように、アンサンブルレッスンを中心にカリキュラムを組んでいる所もあります。

■ヴォーカル
ソロでもバンドでもひときわ輝く歌姫である、ヴォーカルというパートも専門学校では科目にあるのです。
ヴォーカルも専門学校によっては科が事細かに分かれていたりするので、自分が目指す物に合わせて学ぶのがいいでしょう。
シンガーソングライターコースなどもあり、作詞や作曲についても学べます。
発声練習など基本的な事から始まり、プロ業界でも通用する魅力もある歌声をマスターする事ができます。

実績と経験豊かな講師によって授業を受けます、極稀にトップスターによる特別授業などがあったりします。
そのため毎日刺激的に音楽の勉強に励む事が可能であります。